一般社団法人 国際教育研修協会のサポート体制

当協会ではホテル側、技能実習生双方にとって実のある業務が行えるように、教育担当者4名(中国人スタッフ3名・日本人スタッフ1名)で双方のサポートをしております。

入国から1ケ月間の講習

  • 日本語の会話力強化。(日本語専門教師による173時間の訓練)
  • 日本のマナー習得。
  • ホテル・旅館で使う専門用語・安全・衛生等。
  • 配属ホテル・旅館・周辺の情報。
  • 技能実習生の法的保護に必要な情報。
  • 交通法規及びマナー

巡回教育

  • 定期的な巡回により11ヶ月間の技能実習期間内に巡回教育を実施します。
  • 巡回時には、思い切って中国語で話をさせてあげるなど、実習生のストレス解消やメンタルサポートをしております。
  • 受入ホテル・旅館のご要望により、巡回教育の必要があればいつでもお伺い致しますので、お気軽にご連絡下さい。

技能実習生の日常生活の把握

  • 毎月1回実習生からレポートを提出させておりますので、その中から各実習生の意見、悩み、日常生活の様子などを把握しています。

電話での相談

  • 定期的に、当協会からご連絡いたしますので、実習生に注意すべきことや、問題点などがありましたらお気軽にご相談下さい。
  • 実習生からの電話相談は、本人に電話代の負担がないように専用のフリーダイヤルを設けて中国人専門スタッフが対応しております。
  • また、実習生には教育担当者の携帯番号も知らせてありますので、言葉の問題などで対応が難しいことがありましたら、直接電話するように指導してください。

経験豊富なスタッフおよび豊富な実績を誇る当協会にて、技能実習生を受け入れることをおすすめいたします。

なお、お問合わせは一般社団 国際教育研修協会へお願い致します。